お金で解決できること
お金で解決できないこと

お金で解決できること
お金で解決できないこと

信仰宗教
宗教団体
お布施
物売り
先祖供養代金
浄霊

お金で解決できるものは
教育や医療かなと思います。
少なからず、学費がかかる。
少なからず、医療費がかかる。

心の問題は
お金で解決できないのに、
お金が絡むとトラブルに発展する。

一流の宗教家は
貧しいままで終わる。
一休さんは貧しかったみたいだし。

浄土真宗の親鸞さんも
島流しにあったりと
貧しい生活だったと思います。 

絵描きのゴッホさんも
貧しいままで
亡くなられています。

ソフトバンク会長の
孫正義さんも
絵描きになりたかった。
絵描きは貧乏でなければ
良い絵は描けない。
生活できないので、
好きな絵を辞めて事業をしたと。
おっしゃっています。

心を扱う仕事で
深い部分を見るためぬ
貧しい生活を選択しなければ
ならないような気がします。

一人ものであれば、
貧しい生活も
楽しいと思いますが

家族がいる場合、
養うべき人がいる場合、
貧しい仕事を選択しながらも
どこか別のところで
事業を成り立たせて
バランスをとることが
大切なのかなと思います。

1回目の結婚のとき、
和歌山県から大阪を繋ぐ
犬泣き峠で、運転していた
軽トラックが居眠り運転で
崖に落ちそうになり
軽トラックが横倒しとなり
坂を滑り落ちて気を失いました。

気を失う前に、
雄光という名前の
赤ちゃんが1人いたので
生命保険1億円入っていたから
良かった・・・と思いながら
安心して気を失いました。
実際は死んだと思いました。
そのあと、弟の、明宝ができて、

再婚して、
一優ができて、

再婚して、
将幸、宙幸、虎幸ができて

それぞれ、
小さい時に抱っこをして
笑顔を見ることができた。

これだけで、幸せなのに、
宗教をすることで、
信仰をすることで
どのような幸せを求めているのかなあー、

僕は縁があって、
様々な宗教団体や
信仰者と関わることがあり
学ぶことも多かったけれど、
良い人も、たくさんいたけれど、
不思議なことができる人いたけれど、
心に響いたことを信念にして
それだけを人生の指針にしてみたら
どうなのかな?
意外とうまくいくと思うけどなあ。

最近、ずっと、腕痛くて、
寝れなくて、睡眠不足で、
気持ちが下がっていたけれど、

「前に出る」  
という気概がなかったなあーと。

「前に出る」
という気持ちは
空手道で学んだのだから
実社会に生かせるように
昇華していかないとあかんなあー。

[#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D200 2011/04/29 12:33:05.1 JPEG (8-bit) FINE 画像サイズ: Large (2592 x 3872) カラー レンズ: 17-55mm F/2.8 G 焦点距離: 34mm 露出モード: マニュアル 測光モード: マルチパターン測光 1/125 秒 – F/10 露出補正: -1.0 EV 感度: ISO 125 仕上がり設定: 標準 ホワイトバランス: プリセット d-1 AFモード: AF-S シンクロモード: 発光モード: 調光補正値: カラー設定: モードⅠ (sRGB) 階調補正: オート 色合い調整: 0° 彩度設定: オート 輪郭強調: オート 画像コメント: 長秒時ノイズ低減: しない 高感度ノイズ低減: しない [#End of Shooting Data Section]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。